忍者ブログ
~萬世ノ永キニ渡リ人々ニ愛サレル道トナレ~
[1]  [2
トンネルマニアの広報担当とベテランのトンネル屋さんが栗子隧道を調査してきました。

P9010041.JPG







 
PR
792e620d.jpeg49e70f37.jpeg
6月5日、万世大路の「昭和の大改修」(昭和8~11年度)の際に敷設された材料運搬線路の探索をおこなってきたので概要を報告します。
参加者は、筆者(鹿摩幹事)を含め6名である。
何れの方も、何回か今回のコースの経験者ばかりである。
さて、この材料運搬線路(以下単に運搬線路)は、奥羽本線板谷駅(スイッチバックの旧駅)構内から新明通(しんあきとおし(写真左・(烏川側から板谷方向を望む))の掘割り(高さ6m、距離100mの掘削箇所(写真右・板谷側から烏川方向を望む))を経て二ツ小屋隧道(米沢側坑口)まで、距離11.2km、軌間50cmの軌道を敷設したものである。
鹿摩幹事が、3.11東日本大震災の影響について調査されました。

今回は新沢橋周辺を調査してきました。

地震被害と思われるのは
e395298f.jpg昭和期万世大路新沢橋の福島側親柱(両側・上下流とも)の一部が崩れていました
 
 





当研究会のS幹事が冬の二ツ小屋隧道を調査してきました。

be99c5be.jpg
曇ってはいましたけれども、風もなく比較的温かで(現地で-2度)
天候にめぐまれました。
山口屋散人さんからスノーシュー&ストックをお借りし、積雪は1m以上になっていたと思われますけれども、
午前10時、東栗子トンネル福島坑口北側の旧飯坂スキー場工事用道路入り口から登り始めました。

3連休を利用して、板谷街道を調査するべく当研究会メンバーの予定を調整したところ11/21となった。

Pb210012.jpgメンバーは代表、副代表、代表幹事、M田さん、Kがいさん、そしてワタクシの6名。10時半に福島駅西口で待ち合わせ、今回メンバーでは板谷街道に一番詳しいM田さんがホスト役を買って出てくださいました。

駅構内の喫茶店で当日の行動予定について打合せです。

M田さんは各種資料をご用意してくださいました。ありがとうございます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[03/01 D]
[05/10 広報担当]
[04/28 D]
[12/24 広報担当]
[12/24 青木あすなろ建設㈱ 杉山]
最新TB
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  万世大路研究会  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]