忍者ブログ
~萬世ノ永キニ渡リ人々ニ愛サレル道トナレ~
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当研究会のS幹事が冬の二ツ小屋隧道を調査してきました。

be99c5be.jpg
曇ってはいましたけれども、風もなく比較的温かで(現地で-2度)
天候にめぐまれました。
山口屋散人さんからスノーシュー&ストックをお借りし、積雪は1m以上になっていたと思われますけれども、
午前10時、東栗子トンネル福島坑口北側の旧飯坂スキー場工事用道路入り口から登り始めました。

 
私に合わせてゆっくりと登っていただいて往路は1時間の行程でした。
二ツ小屋隧道では2時間近く巨大氷柱を堪能し、午後1時半、無事下山して来ました。
 
 
探訪会メンバーは、こよなく万世大路を愛する人々、山口屋散人様・F班長殿・サニーパンダ様・猫旅おばら様・dark-RX様と、それに黒パン党鹿摩(万世大路研究会・大滝会)の6名です。
 
ところで、今回の二ツ小屋隧道探訪に対する私の思いは次の通りです。
 
「昭和の大改修」において、昭和8年5月から昭和9年12月まで、旧国道5号(のち国道13号)二ツ小屋隧道の改修(拡幅切拡)工事は、厳寒の中を越冬し昼夜兼行で、当時の内務省福島国道改良事務所の
 直営工事により実施されたと云います。
この厳寒期に実際の現場を訪れ、その先輩の御苦労を偲びたかったこと。
 
次ぎに、セメントの品質が悪く(風化し固結したものをすりつぶして使用)、コンクリト巻立完了後、酷い漏水があったといわれています(漏水なんていうものでなく、水の柱のようだっと当時の関係者が述懐)。
 
昭和28年1月に撮影されたという、それを物語る冬期間の氷柱のトンネル内写真が『福島県直轄国道改修史』に掲載されています(小生による「探訪記(2)」7頁参照)。そのことを彷彿とさせるような巨大氷柱が本当に存在するか、確認したかったかったこと。
   「探訪記」は下記を参照。
 
    ホームページ 「わが大滝の記録」
      
また、あわよくば明治期万世大路、二ツ小屋隧道福島側の旧七曲坂(ななまがりさか)の痕跡を
明確に確認できないか。
昨秋訪れたときには、葉をつけている木々が多く
明確に確認できなかった。
(添付写真にはありませんが、旧七曲坂を確認)
 
ということで、冬の二ツ小屋隧道を是非訪れてみたいものと、
かねてからの念願でありました。
 
1bafd5fa.jpegb4543f9b.jpeg

0449608e.jpeg
そして現場では期待に違わず、自然の織りなす造形美の神秘的なまでの
圧倒的な美しさに息をのみ、暫し巨大氷柱の前に佇みました。
二ツ小屋隧道の巨大氷柱には、本当に度肝を抜かれたものです。
体力的には自信がなかったのですけれども、本当に来てよかったと心から思いました。
 
f4b90940.jpeg登り途中では、山口屋さんにペース配分でご高配を賜りました。
また、おばら様やdark様には、それとなく私を心配してくれていたようで、スノウシューのバンドが外れたときなど、二人がかりで寒い中素手ですぐに締め直していただきました。皆様のご協力で無事探訪会を終了できましたことを感謝いたします。
 
 
df0b7cc3.jpeg帰りは、今年の元旦にオープンしました飯坂温泉の
共同浴場「波来湯(はこゆ)」で疲れを癒してきました。
 
 
以上簡単ではありますけれども、取り敢えず報告いたします。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
よくぞS幹事頑張ってくれました。
なんとこの氷柱には驚きました。
なかなか見ることのできない厳寒な二ツ小屋隧道。
感動ですね。
D 2011/03/01(Tue)04:26:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/01 D]
[05/10 広報担当]
[04/28 D]
[12/24 広報担当]
[12/24 青木あすなろ建設㈱ 杉山]
最新TB
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  万世大路研究会  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]